【夫必見】お小遣い制の上手なやり方

 

<関連するキーワード>
お小遣い制、旦那お小遣い制、夫クレジットカード使いすぎ、PayPayの支払いお小遣い制、LINEPAY、夫お金の管理、夫お金うざい、夫なんちゃらペイ、夫支払いうざい、ヤフーカード、YJカード、エポス、VIEWカード、オートチャージ、オートチャージ夫うざい

 

旦那さんがお小遣い制の方、「ウチはお小遣い制だけど、全然うまくいっていない!どうやったらウチの旦那はお小遣い制に慣れてくれるの?」と思ったことはありませんか?

 

その気持ち、よ〜〜く分かります。(笑)

 

ですが、もう大丈夫です。

 

私(夫)も半年ほどまったくうまくいっておりませんでしたが、ついにやり方!?を見つけました。(これで無理ならお小遣い制は無理レベルだ)

 

さて、あれこれ説明するので面倒なので、まずは自分のやり方を晒します!

 

<私の環境>
・お小遣いは月3万円です(または手取りの1割)
・クレジットカードは3枚持っています
・VIEWカードでオートチャージやってます
・PyPayとかやります

 

クレジットカードとか、銀行引き落とし、なんちゃらペイ系って本当に管理がやっかいなんですよね〜〜。都度引き落としがあったり、クレカは引き落とし日も違うし。。

 

 

「お小遣い制」のやり方

 

さて、具体的な「お小遣い制」のやり方です。

 

(1)夫へ手渡す
<1-1>お小遣い:3万円
<1-2>仕事交通費:給与明細見るか、旦那から申告してもらう

(2)夫からもらう
<2-1>クレカ夫私用分
<2-2>銀行引き落とし夫私用分

(1)ー(2)=夫に渡す今月のお小遣い

 

と、まぁ単純にこれだけです。

 

私(夫)は、初めの頃「今月のお小遣いが2000円」になったりマイナスになったりしていました。(笑)そりゃ妻も怒りますよね・・・・・。

 

 

上手に運用するコツ

 

以下、「お小遣い制」を上手に運用するコツです。

・カード利用は家計出費と旦那さんの私用出費があるはずです。旦那さん、もしくは自分(妻)で区別して計算しましょう。ぶっちゃけエクセルを使うと便利です。

・1回のカード支払いで、家計用と私用を一緒に購入することもあるかと思います。小額なら夫お小遣いでいいや〜と割り切るか、区別したいならレシートを保存しましょう。面倒でないならスマホで写真を撮って、専用フォルダに格納しておきましょう。(私はレシート保存派です)

・オートチャージに関して、スイカ(交通計IC)は履歴を見ても何に使ったのかまったく分かりません。交通系ICの利用履歴は「おさいふ機能対応のスマホでアプリで見る」か、「駅の券売機で履歴を印字する」という確認方法があります。しかし、履歴を見ても「物販100円」と書かれていたりして、どこのお店で何を買ったのかまでは知ることができません。スイカ決済するときは、特にレシートを保存するか、写メしましょう。これ大事、まじで大事(笑)

・スマホアプリでの履歴確認は最大20件までです。(逆に言うとそのお手元にある交通系ICには履歴は20件までしか保存されていません。他のアプリを使ったところで確認できる件数は変わりません)一方、券売機での履歴印字は最大で100件まで確認することができます。ちなみにスイカはJR系のカードですので、私鉄で印字しようと思っても20件までしか印字できません。例えば山手線とか、JR圏内で印字すれば100件まで確認することができます。

・オートチャージが発生したたびに印字することをおすすめします。先述したように印字は100件まで可能です。言い方を変えれば101件以降(以前)はどう頑張っても確認することができません。(国家権力を除くw)ですので、交通系IC決済を頻繁に使用する方は、履歴をあとで確認するためにも、その分頻繁に印字する必要があります。タイミングはいつでもいいのですが、オートチャージが発生したら「そろそろ印字しておこうかな〜」と思った方がよいです。そりゃ、オートチャージの金額にもよりますが。。

・なんちゃらペイは「どこで、いくら使った」が分かるので優秀だと思っています。さすがに内訳までは見れませんが。私はPayPayは残高をチャージせずに、都度クレカ決済にしています。ですので、クレジットの利用履歴を見て、不明な「ペイペイ500円」があれば、PayPayのアプリ開いて履歴を確認すれば思い出せると思います。(笑)もちろん、xxPayも家計出費と私用出費をいっしょくたんに決済するならレシート保存か、レシート写メを忘れずに。

・仕事で必要な出費は家計にしてあげましょう。スーツや革靴などです。私は朝活代(マックで200円使うとか)も家計にしてもらっています。だって朝活して、スキルアップして給料上がったら家計に貢献できますよね??朝活代とかマックは例え話ですが、スキルアップの書籍代とか試験の受験料なんかも家計にしてあげましょう。(というかそうあるべき!)もちろん無意味な出費はご法度だと思いますし、家計出費にするなら事前に相談はしてもいいかなと思います。

・会社飲み会は家計!二次会や三次会はお小遣い!(というのは理想論で、私はこれが無理だったので、会社飲み会は1回につき1万円支給になりました。足りないときもありますし、余るときもあります)

・旦那さんのお給料日&お小遣い日が25日なら、25日までに「小遣い3万+仕事交通費」ー「クレカ夫私用分+銀行引き落とし夫私用分」=その月の夫のお小遣いの根拠をもらう。(つまり旦那さんに、クレカのマイページにログインしてもらって、最終的には表を作ってもらう!)

・奥さんは「クレカが!なんちゃらペイが!オートチャージが!」と言っていますが、実はクレカやなんちゃらペイの利用自体は問題ではないと思います。真に問題(諸悪の根源)なのは、クレカや現金で何を買ったのか把握できていないこと。一番盲点なのが「現金を何に使ったのか把握できていないこと」です。レシートはもらうのが面倒なときもあります。夫は「昼飯は無駄遣いじゃないし、不要」と思うかもしれませんが、その件数が積もりに積もると、もはや把握できなくなります。「あれ、そんなに使ったっけ?」となります。私が思うに、むしろ「現金を使うときにレシートを保存すること」を徹底するべきです。

・なんちゃらPayのチャージは、チャージしたら都度奥さんに渡しておくと後で楽。つまり、日中PayPayに5000円チャージしたら、家に帰ったら5000円を奥さんに渡すということ。そして、忘れないようにLINEで「2月20日PayPayチャージ5000円 精算済み」と奥さんに送っておくこと。都度精算すれば、夫は「使ったんだな〜」と自覚できる。

・家計出費で「PayPay」等を使うときは、クレジット決済にする。反対に、残高(ポイント)決済はお小遣い出費と考えると分かりやすい。(清算しやすい)

 

 

補足1)旦那さんの手元に現金が残っていた場合

 

お小遣いを渡す日に、旦那さんが手持ち現金を持っていたら、それは旦那さんのものです。(旦那さんが節約してくれただけ)

 

 

補足2)お小遣いがマイナスである場合

 

お小遣いがマイナスであるならば、旦那さんから返金してもらいましょう。(旦那さんの個人口座から引き落としてもらう)そして、お小遣いの金額をアップするか話し合ってみましょう。以下、マイナスになる場合の例です。

 

例)
小遣い:3万円
仕事交通費:0円
クレカ夫私用分:5万円
銀行引き落とし夫私用分:0円
→マイナス2万円

※ちなみに旦那さんは、8万円使ったという計算になりますね。

 

さて、現金が余っていた場合です。

例)
小遣い:3万円
仕事交通費:0円
クレカ夫私用分:5万円
銀行引き落とし夫私用分:0円
手持ち現金残高:2万円
→マイナス2万円だから、その2万円は家計に返却する。つまり、お小遣いは0円となる。

 

 

補足3)カード支払日を把握する

 

クレカの締め日、引き落とし日なんかは把握しておきましょう〜。

 

例)
YJカード:月末締め、翌27日払い
エポスカード:27日締め、翌27日払い
VIEWカード:月末締め、翌々4日払い
電気代:YJカード
水道代:偶数月、銀行引き落とし、24日あたり
ガス代:銀行引き落とし、27日
民間保険料:27日

 

「お小遣い制」について、個人的な感想

 

「お小遣い制」は正直大変だと思います。夫にも妻にもです。

 

しかし、夫の方が次第に慣れてくれるはずです。(笑)(私はそうでした)

 

慣れるのに半年、定着するのに1年はかかります。(笑)

 

 

まとめ

 

お小遣い制は慣れるまでが大変。そして、お小遣いがマイナスになったときも考えて、家計的にも余裕が大切になる。もっと言うと、旦那さんの個人口座にもある程度の残高がないと成り立たない。

まずは、レシートを保存しておくと良い。(アナログなやり方だけど、案外活躍する。レシートはITというキャッシュレスの時代における、落とし穴を埋めてくれる存在となる。そんなイメージ)

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。