Wi-Fiが遅いと思ったらやること(6つ+その他)

 

1)モバイル回線を使う

 

一番お手軽です。Wi-Fiをオフにするだけです。デメリットは、パケット通信量(いわゆる”ギガ”)を消費してしまうことです。

 

もし速さの違いを確認したい場合、以下を試してみてください。

スマホやPCで「https://fast.com/ja/」にアクセスします。「●mbps」と通信速度が表示されるはずです。「Wi-Fiをオンにした場合」と、「Wi-Fiをオフにした場合」の両方を計測してみてください。もし「Wi-Fiをオフにした場合」の方が「●Mbps」の数値が高ければ、「Wi-Fiに接続しない方が早いじゃん!!」ということになります。

<例>
Wi-Fiオン(2.4GHz):8Mbps
Wi-Fiオン(5GHz):10Mbps
Wi-Fiオフ:20Mbps

こんな感じになるかと思います。

 

 

2)周波数帯を変える

 

「2.4GHz」で通信しているようでしたら、「5GHz」に切り替えてみましょう。障害物が無ければ、本来「5GHz」の方が早いはずです。

 

興味がある方は、「1)」でご紹介した通信速度を測定してみましょう。

<例>
2.4GHz:8Mbps
5GHz:15Mbps

 

 

3)ルーターの設置位置を変える

 

自分とルータが直進になるように配置しましょう。壁で角度があったり、ルータまでの間に障害物があると、通信は遅くなります。また、位置は低いより高いほうがよいです。

 

興味がある方は、「1)」でご紹介した通信速度を測定してみましょう。

<例>
位置変更(2.4GHz):8Mbps
位置変更(2.4GHz):12Mbps

 

どうしても、「壁と直角になってしまう」とか、「1階と2階で隔たりがある」という方は、もう1台ルーターを購入して、「ホップ」させると良いです。つまり、中継させるということです。

 

 

4)ルーターの性能を確認する

 

ルーターとは、「Wi-Fi電波を放出している機器」のことです。BUFFALOとかIODATAとかNECとかELECOMなどのメーカーがあります。(ルーターは、NTTの黒い機器ではないです)

端的に言うと、ルータおよびスマホは「IEEE802.11ac」という規格に対応している必要があります。例えば、「b」「g」「a」「n」があるのは問題ないです。「ac」がないとしたら問題ありです。ルーターを買い替えましょう。

これからルーターを買うならば、
①最低でも「n」と「ac」があること、金銭的に余裕があるならば「ax」(Wi-Fi6)に対応しているものすること。
②「ビームフォーミング」に対応していること。(スマホがある位置に直線的に電波を飛ばしてくれる機能)
が重要です。

 

 

5)ケーブルの性能を確認する

 

LANケーブルのことです。正確にはUTPケーブルといいます。ケーブルに「Cate5」とか「CATE6」とか書いてあるはずです。「Cate」とか「CATE」は”カテゴリー”という意味ですが、これが「Cate5」だとちょっと古いです。「Cate5e」はセーフです。

もし、今後買うなら、「Cate6」にしましょう。「Cate7」もありますが、今のところ家庭では必要ないでしょう。また、UTPケーブルは、20メートルとか長い距離でなければ「フラットタイプ」にしましょう。(平べったい方が使いやすいと思います)

 

 

6)IPv6にする

 

契約しているプロバイダ(ソフトバンク光とか、auひかりとか、ドコモ光とか)のマイページに行って、「IPv6」というオプションを申し込みましょう。

 

「IPv6アルファ」とか「IPv6プラス」とか「IPoE」とか「IPv6 over IPv4」とか色んな用語で出てくると思いますが、大事なことは、「IPv4もIPv6も使えること」です。

 

ルーターもIPv6に対応している必要があります。自前で購入したり、プロバイダからレンタルする方法がありますが、契約するプロバイダによっては、「専用のルーター」でないとIPv6にしてくれない可能性があります。

 

例えば、ソフトバンク光は、IPv6にしたいとき、「ソフトバンク光BBユニット」というものを月額500円でレンタルする必要があります。また、ルーターに無線機能を付けたいときは、別途「マルチパック(月額1000円)」に加入する必要がありますその点、「So-net光」は市販のルーターでもIPv6化は可能です。IPv6対応のルーターは安くて7000円くらいですので、2年間契約するとしたら買った方が安いことになります。(プロバイダ選びは本章とは関係ないので飛ばしますね・・)

 

 

その他(期待大)

 

・DNSの設定値を変える

「8.8.8.8」はグーグル、「1.1.1.1」はクラウドフレア、「9.9.9.9」はQuad9(IBMが支援)という業者のサービスです。そもそもどれかの設定になっているかとは思いますが、障害が発生している可能性もあるので、試しに変更してみる価値ありです。

 

・有線にしてしまう

スマホも、専用の機器を使えば有線にすることができます。「タイプC LAN 変換ケーブル」などと検索してみてください。どうにもこうにも遅いときは実施してみる価値ありです。私はその機器を持っています。無線で遅い時は「仕方ないか・・・」と使うようにしています。数値的には2〜3倍ほど速くなります。2000円くらいで買えます。

 

・ルーターを介さない

VDSL回線に限った話ですが、モデムの「LAN」と書かれているポート(穴)から、直接PCに接続します。(スマホはやったことないが、設定がめんどくさそう・・)ルーターを介さないため、セキュリティの問題はありますが、機密情報を扱わない前提で、どうしても遅いときは試してみる価値ありです。1.5倍くらい速くなると思います。

 

 

その他(期待小)

 

・スマホやPCを再起動する(やる価値はある)

・ルーターやモデムを再起動する(やる価値はある)

・NTTのモデムが古い(2タイプが出回っているようなので、長年使っている人は確認する価値ありです)

・UTPケーブルを短くする(短い方が物理的に速い通信となります、また干渉も減らすことができます。)

・接続部分を抜き差しする(接続部分に不良がないか確認し、埃かぶっているなら除去します。そして抜き差しします。)

・Wi-Fiの利用人数を減らす(家族みんなで使っているとか、家電も電波使っているとか。電波干渉も大いに通信速度低下に繋がります。自分以外のWi-Fiをオフにしてしまいましょう。笑)

・そのサイトにアクセスするのを止める(サイト自体が混んでいる可能性大)

 

 

その他(根本的に)

 

・一軒家に引っ越す(集合住宅は回線をみんなで使うという特性があります)

・VDSL回線ではないところに引っ越す(集合住宅の配線方式の話ですが、光配線方式とか、LAN配線方式の設備の住居の方が早いです。ざっくり言うと、電話線使ったら遅くなります。最大100Mです。遅い・・・。)

・NUROにする(au回線なので、auひかりを断られた人は無理。)

・光回線はやめて、スマホを50GB(大容量プラン)にするとか、WiMAXを使う。

・アプリ版があるなら、アプリを使う。(例えばYoutubeですが、ブラウザで見るより早いはずです。専用のポート[出入り口]を使っているからです。)

 

WiMAXは「3日で10GB使わない人」は検討する価値あります。特にマンションなどの集合住宅の人は。一軒家の光回線には負けますが、”モバイル回線が速くなった感じ”くらいにはなります。地域にもよりますが、「40〜50Mbps」くらいは期待できると思います。なお、3日で10GB使うと低速モードになります。PCで動画見まくり、スマホでも動画見る、むしろテレワークでファイルとかよく使う・・なんて人は止めた方がいいと思います。ちなみに、ポケットWi-Fiをイメージする方も多いかもしれませんが、設置するルータータイプもあります。(ホームルーター)

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。