[記事公開日]2015/08/20
[最終更新日]2016/11/30

節約術(12) 水道代を節約する方法

トイレ

 
朝:家、会社

昼:会社

夕方:会社

夜:駅、家

基本的に会社で済ませるようにします。朝も時間がなかったりしたら、会社まで我慢します。「寝起き」や「寝る前」は仕方ないと思いますが、できれば外で済ませるようにしましょう。無理に外で済ませる必要はないですが、「家に帰ってするくらいなら行っておこうかな~」という気持ちでいるといいと思います。

 

あとかなりベタですが、貯め水のところにペットボトルを入れるのは「アリ!!」かと思います。1本か2本入れていますが、全く問題ありません。

 

お風呂

 

・夏場はシャワーだけ(約10分)

 

・冬場はお湯を貯める(約15分~20分)

※寒いとずっとシャワー浴びていたりしますよね・・

 

・ちなみに、浴槽に溜めるときに便利なのが、『風呂ネット』です。

サッとる 湯アカキャッチネット

新品価格
¥300から
(2015/8/20 00:53時点)

この手の商品は買ってもいいと思います。アカや髪の毛がおもしろいように取れます。浴水として再利用するときにも使えますし、洗濯水として使う前にやってもよいです。衛生的であるうえ、お湯を捨てなくて済むので経済的です。

 

※裏技として、新聞紙を水面に浸しておけば同じような効果が得られるそうです。ただ、私は新聞もとってないゆえ、浴室に新聞紙を持っていくのも面倒だと思いますが・・。捨てる時も、濡れてる新聞紙はどうするの?って思います。(笑)

 

・お湯は洗濯水として再利用

これは鉄板だと思います。入浴剤を入れないことがポイントですかね。(笑)

 

・ペットボトルに水を入れておいて、太陽の暖かさで暖める。

ある程度太陽熱で温まるので、沸かすときにガス代の節約になるそうです。※私はやったことないのです。

 

経験上ですが、「長時間シャワー」が一番もったいないと思います。(^^)

 

考えたらキリがないですが、不衛生になってしまっては元も子もないですね。

 

・また、節約と呼べるのか分かりませんが、私は冬場はタオルを浴槽に持って行っています。そうすれば、『寒くてお風呂場から出られない・・』なんてことはなくなります。

 

私は、タオルと一緒に「下着」も浴室中に入れています。

 

お風呂からすぐ出られるし、蒸気で下着が温まっているからです。(^^)

※そこまで湿らないから大丈夫です!!

 

・「シャワーヘッド」は正直、オススメできません。

(というか私が嫌いなだけですが、、)

どう節約になるのかわかりませんが、出る量が少なくなるだけなので、結局は同じです。ストレスもたまります。ならば、出力面積の広いシャワーヘッドを選ぶべきだと思います。

 

台所関係

 
・スーパーで水をもらってくる

重たいけど運動のつもりで。もし、もらってきてから日にちがたってしまったら、浴槽用か、洗濯水として使えますよ。(^^)

 

・食器をそもそも変える

好みとかは別として、基本的にはプラスチックがよいのではないでしょうか。陶器は重たいし、割れるし、洗いにくいので使っていません。(笑)

 

・ラップしてポイ

油ものなど、洗うのがめんどくさいと分かっていたら食器にラップを載せておきます。たまにしかやりませんが、割と普通に食べれますよ。

 

・浸け置きは大事

浸け置きはかなり大事ですよね。(笑)

「米のかたまったやつ」とか、「食器の色染み」は排除できます。軽く濡らしておくだけでも大違いですね。

 

 

他にも節約方法があれば教えてください♪

 

以上です。

 

yamatunes